井上雄彦先生の作品

バガボンドは吉川英治の「宮本武蔵」という小説を原作にしています。

 

大きく3編に別れており、宮本武蔵編、佐々木小次郎編、最終決戦編と同じ時代を生きた「最強」と名のつく剣豪二人が出会い、刀を交わすまで物語は続きます。

 

武蔵(後の宮本武蔵)は同じ村の又八に誘われて村を出ます。幼いころより「鬼の子」と呼ばれるような一風変わった子供でありながら、パワーがあり、強さがありました。

 

武蔵は旅をしながら強さを欲するようになり、「強さとは何か」「天下無双」とは何なのかを世界や、自分自身に問います。

 

道中は「最強」の名前欲しさにたくさんの輩も刀を交えますが、決して安定した天下無双を手に入れることはできず、本当の意味での強を解らず悩みます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る