武蔵の幼馴染でもあるキャラ

本位田又八は武蔵の幼少期からの幼馴染です。イマイチ又八のポジショニングがよくわかりません。

 

野心家な部分をもっており、戦に参加し、名を挙げようと武蔵を誘って村を出るも、結局堕落した道へと本心のままに行動してしまう、まさに愚かキャラクターの1人です。

 

パワーがあり、実力発揮する武蔵に対して嫉妬をも感じてしまいます。小次郎に手渡されるはずの金をくすね、以後「佐々木小次郎」と名乗り女と酒三昧の毎日です。

 

人間らしい卑怯でいやらしい部分があるため憎みきることはできませんが、それでも次第に堕落した生活を振り返る中で、虚栄そのものの人生であることを恥じます。

 

後に、武蔵と小次郎の語り手となるような描写もあります


このページの先頭へ戻る