登場人物の武蔵について

武蔵は又八に誘われ村を出た後、強さを求める旅を続けます。

 

村を出て初めて目にした戦の怖さや残酷さに圧倒されます。はじめての戦である、関ヶ原では西軍として出陣するも配線してしまいます。

 

その後、村に戻る途中で村人を殺してしまいます。結果追われることとなり、沢庵に命を救われ、その時に名前を武蔵から“宮本武蔵”と改めます。

 

剣術については全くの我流であり、「山が師である」というほどです。旅を続ける中で「天下無双」を目指しはじめ、一流の剣客と剣を交えることで強さとは何か、どうすれば天下無双が手に入るのかを迷走しながら旅を続けます。

 

勝負を挑んでくる剣客以外にもたくさんの人と出会うことで精神としての成長をします。


このページの先頭へ戻る